医療脱毛の副作用ってあるの?

医療脱毛には副作用があるのか?

 

 

医療脱毛には副作用があるという声を目にしますが、本当なのでしょうか。
副作用があると聞くと、医療脱毛に対し二の足を踏んでしまう方もいらっしゃると思います。
医療脱毛に副作用はあるのは、またあるのであればどのような副作用が起きてしまうのか、まとめてみました。

 

 

考えられる副作用は赤みや火傷など

 

 

医療脱毛で副作用といわれているのは、これらが挙げられます。

 

・赤みが出てしまった
レーザーの出力量が良くなかったのか、施術後に赤みが出てしまう方もいらっしゃるようです。
レーザーが毛根に反応する際に、毛根周りの皮膚に負担がかかってしまい軽い炎症を起こしてしまう事があるようです。
数時間から数日で納まりますので、本来は気にする程ではありません。
酷い炎症の場合は、投薬により治す場合もあります。

 

・ヤケド
レーザーの照射量が多すぎて、お肌に負担がかかりヤケドとなる流れです。
本来、医療脱毛の場合、お肌に負担を掛け過ぎてヤケドとなる場合は極めて少ないです。
しかし、施術の際のスタッフの未熟さにより、発生してしまう事もあるようです。
きちんと医療従事者が施術していれば、起きない副作用です。

 

・発汗量が増えた
レーザー施術の後に発汗量が増えたという声がありますが、レーザー施術には発汗量が増える要素は一つもありません。
その為、発汗量が増えたというのは、様々なストレス等の感情的な事による増えたと思われます。

 

この様な副作用の声があり、どうしても副作用が起きてしまう事は完璧に防止は出来ないようです。

 

医療脱毛は、医療従事者により施術となります。
医療従事者による施術の場合、そのような副作用が起きないように最新の注意を払って施術を行います。
その為、副作用は起きにくい傾向があります。
しかし、実際は副作用の件数は後を絶ちません。
医療従事者による施術なのにこのような副作用が耐えないのは、医療従事者による施術じゃない医療脱毛クリニックの存在です。

 

表向けは医療従事者による施術としているにも関わらず、実際は何の資格も持っていないスタッフがレーザー照射施術を行っているのです。
レーザー照射は恐ろしく大変な事ですので、そのような大変な物を免許も持っていない素人が扱うなんて、こんなに恐ろしい事はありません。
医療脱毛は、医療従事者による施術がきちんと行われているクリニックにお願いするようにしましょう。

 

 

副作用のリスクについてきちんと説明してくれることが重要

 

 

医療従事者による施術の場合は、このような副作用は起きにくい傾向があります。
しかし、医療従事者も患者さんも人間ですので、100%副作用が起きないという事は有り得ません。
その為、細心の注意を払って施術を行いますが、万が一の事があるという事は覚えておくようにしましょう。

 

医療脱毛クリニックでは、カウンセリングの際にこのような副作用に対し説明を行ってくれます。
受ける側も把握する事で、副作用が発生しにくい状態に導く事も可能となります。

 

レーザー照射は医療が高い施術ですので大きな肌負担となってしまいますが、そのような副作用が起きにくい、優秀なクリニックの選択をするようにしましょう。
レジーナクリニックでしたら医療従事者による施術となっておりますので、副作用が起きにくい安心の医療脱毛が可能となります。

 

気になる方は、レジーナクリニックの無料カウンセリングで副作用について詳しく聞いてみましょう。
副作用は確かに怖いですが、間違いの無い永久脱毛を手に入れる事が出来るのは医療脱毛しかありませんよ。