医療脱毛で考えられるトラブルとは!?

医療脱毛でもトラブルは出てきてしまう?

 

 

医療脱毛は年々デメリットが改善してきており、以前より通いやすい脱毛方法となりました。
その為、ご利用される方も多くなり、多くの方が完全な永久脱毛を手に入れやすくなりました。
しかし、いまだ消えないのが、医療脱毛により受けてしまうトラブルです。
どのようなトラブルがあるのか、詳しくご紹介致します。

 

 

医療脱毛のトラブルあるある一覧

 

 

医療脱毛のトラブルは、このような失敗例があります。

 

・ヤケド
レーザー脱毛は、レーザーの出力が非常に高いのでヤケドとなってしまうケースも少なくないようです。
一般的に医療脱毛の施術は医療従事者が行いますので、ヤケドが起こるなんてことは有り得ません。
しかし、医療脱毛を行っているクリニックの中には、医療従事者が常駐しておらず准看護師や資格を持っていないスタッフが照射を行う場合もあり、そのようなクリニックではヤケドの被害も出ているようです。
レーザー照射はレーザーの熱さに威力で毛根をダメにしますので、その威力は想像以上です。
加減により余計な負担をお肌に与えないようにするのが定番ですが、それが出来ていないクリニックもまれにあり、この様な最悪な状態を引き起こしてしまいます。

 

・痛みがひどい
これもレーザーによるヤケドと同じ原因ですが、資格を持っていないスタッフが施術した事により、レーザーの出力の程度がよくわからずお肌に大きな負担を掛けてしまうという事です。
医療従事者による施術であれば、このような事が起きる訳がありません。

 

・永久脱毛になっていない
医療脱毛は、永久脱毛が可能となります。
しかし、医療脱毛を受けたにもかかわらず、永久脱毛になっていない方もいるようです。
レーザー照射の際の度合いが良くなく、きちんとレーザー照射が行われていない証拠です。
医療脱毛が医療従事者による施術を行いますので、通常はきちんとした施術により完璧な永久脱毛となります。
医療脱毛を受けたのに完璧な永久脱毛となっていない場合は、ソノクリニックの技術力の無さにより影響といえます。

 

 

トラブル回避のためにできること

 

 

これらのトラブルの共通点は、医療従事者による完璧な医療脱毛となっていないという事です。
医療脱毛は医療の目線で完璧な医療脱毛とする事が当たりまえであり、通常はこのようなトラブルは起きないものです。
しかし、起こってしまう反面は、医療の目線でしっかりとした医療脱毛が出来ていないという事となります。
中には、医療従事者での施術となっていないクリニックもあるようです。
医療脱毛の医療従事者以外の施術は、法律で禁止されております。
しかし、医療従事者以外での医療脱毛というのは、後が立たないのが現状のようです。

 

この様なトラブルを起こさない為には、間違いの無い医療従事者の施術を行っているクリニックで医療脱毛を受ける事です。

 

レジーナクリニックでは、医療従事者による医療脱毛を行っております。
ドクターと正看護師により施術ですので、医療の目線で医療脱毛を行う事が出来ます。
その為、このようなトラブルは開業以来一切ありません。
トラブルの心配がない完璧な医療脱毛とする事が出来ますので、安心してご利用が可能となります。
間違いの無い医療脱毛なのか気になる場合は、まずは無料カウンセリングを受けてみませんか。
無料カウンセリングではどのようなクリニックなのか理解できますので、クリニックとしての組織を確認する事が出来ます。
レジーナクリニックでは、それがきちんと伝わってきますので、安心してお任せが出来ますよ。